現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

防災・避難対策に関する調査

2014年9月16日

防災・避難対策に関する調査

アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国、男女、900人を対象に、防災・避難対策に関する調査を実施いたしました。

調査対象:
20〜30代、40〜50代、60代以上 各300人
調査期間:
2014年9月8日

結果概要

・防災・避難対策は年代で大きく差が開く結果に!
防災・避難対策について20〜30代、40〜50代、60代以上のそれぞれにお聞きしところ
「日ごろから備えている」と回答した人が、60歳以上が約43%で最も多く、
ついで20〜30代が約33%、40〜50代が約29%となり、年代間で大きく差が出る結果と
なった。

・災害時の伝言サービスの認知率は80%超。一方で利用方法が分からない方は70%。
防災・避難対策について20〜30代、40〜50代、60代以上のそれぞれにお聞きしところ
「災害時の伝言サービスを知っていはいるが、利用方法が分からない」と回答した人が
20〜30代が約73%、40〜50代が約68%、60歳以上が69%という結果となった。
また、「伝言サービスの利用方法も知っている」と回答したのは、
20〜30代が約14%、40〜50代が約16%、60歳以上が約15%であった。

・防災や避難方法の情報取得、60歳以上は地域の取り組みが1位!
防災・避難対策について20〜30代、40〜50代、60代以上のそれぞれにお聞きしところ
情報取得の方法にも大きく差がでる結果となった。
20〜30代は「インターネット」が約33%、40〜50代は「テレビ」が約29%、
60歳以上は「地域の取り組み」が約43%、 でそれぞれ1位になった。

20〜30代
1位「インターネット」33%
2位「テレビ」32%
3位「地域の取り組み」17%
40〜50代
1位「テレビ」29%
2位「地域の取り組み」28%
3位「インターネット」26%
60歳以上
1位「地域の取り組み」43%
2位「テレビ」31%
3位「パンフレット」27%

調査機関:リサーチプラス調べ(http://www.research-plus.net/)

アンケート調査結果詳細

Q1.災害時に備えて、日ごろから何か防災・非難対策を行っていますか。(単一回答)

全体(有効回答数:900名)

Q2.防災・避難対策でご自宅に備えて置いたり、使用しているものはありますか。当てはまるものを全て選んでください。(複数回答)

全体(有効回答数:900名)

Q3.災害時の避難場所・避難経路は知っていますか。あてはまるものを選んでください。(単一回答)

全体(有効回答数:900名)

Q4.旅行先や外出先などで災害時を想定して防災や避難ということは意識しますか。あてはまるものを選んでください。(単一回答)

全体(有効回答数:900名)

Q5.災害時に安否の伝言を預けることのできるサービスがあるのを知っていますか。当てはまるものを選んでください。(単一回答)

全体(有効回答数:900名)

Q6.地域の防災・避難訓練などに参加したことはありますか。当てはまるものをお答えください。(単一回答)

全体(有効回答数:900名)

Q7.防災や避難方法は、何で情報を得ましたか。当てはまるものを全て選んでください。(複数回答)

全体(有効回答数:900名)

Q8.携帯電話で、災害時に備えてサービスや、アプリケーションを取得していますか。当てはまるもの全てお答えください。(複数回答)

全体(有効回答数:900名)

自主調査トップに戻る

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

リサーチプラスとはアイブリッジ株式会社運営するインターネットリサーチサービス。
約160万人の大規模ネットモニターを保有し、モニターに対して低価格・低料金でのWEBアンケートが可能!

ページ上部へ